むくみ解消サプリメントで足、腕、顔のむくみをスッキリ解消

MENU

むくみと漢方薬

むくみの解消にはマッサージや適度な運動、サプリメントのほかに、漢方薬の活用も効果的とされています。

 

漢方の世界では「気・血・水」の考え方があります。
ここで「水」に異常があると「水毒・水滞」というむくみの症状が出ると考えられています。

 

「水」に異常をきたす原因の一つが、「腎(じん)」の機能低下です。

 

「腎」とは五臓六腑のひとつで、西洋医学のように腎臓というひとつの臓器だけを指すのではなく、
水分代謝、ホルモンバランス、成長、記憶力などを受け持つところです。

 

漢方薬は通販などでも手に入りますが、副作用もありますので、基本的には漢方専門医や薬剤師
などに相談し、処方してもらいましょう。

 

漢方薬の中から、むくみ関連の漢方薬をご紹介します。

 

むくみ関連の漢方薬の種類

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

冷え性や貧血の傾向があり、月経時に不調を感じる方に効果的とされます。

 

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

消化吸収を助けつつ、余分な水分を取り除き全身の機能を高めます。水太りで疲れやすい方に効果的です。
立ち仕事やデスクワーク、ブーツやヒールで脚がむくむといった症状が改善できる漢方薬です。
体質的に疲れやすく、風邪を引きやすい、汗かきで悪寒を感じることがある体質の人に向いています。
ダイエット薬としても人気があり、水太り体質の人に効果があります。

 

菌陳五苓散(いんちんごれいさん)

のどが渇き水分は摂取するが、排出量は少ないという方に効果的です。
体質にあまりこだわることなく使える利尿剤です。
水分循環を改善し、無駄な水分を取り除きます。
普通、漢方の利尿剤といったらこれをさすほど有名です。
口が渇き、尿量が少なく、水分が停滞しているときに向きます。

 

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

胃腸の余分な熱を取り除きます。
脂っこいもの、辛いもの、甘いものを好み、便秘がちな方に効果的です。

 

真武湯(しんぶとう)

冷え性、新陳代謝の低下によるむくみに効果的です。

 

八味地黄丸(はちみじおうがん)

腰痛など下半身に不調があり、ヒザから下が特に冷えてむくむ方に効果的です。
体力がなく、ひえが強くてハラに力が入らない人向け下半身の衰えを改善することにより「腎」を活性化する。

 

猪苓湯(ちょれいとう)

利尿作用があるので、水分を体に溜め込んで排出する力が弱い人を助けてくれます。
炎症がある人が使う人向けですが体質にあまりこだわりません。尿路の熱や腫れをひき、尿の出をよくします。
具体的には、頻尿、残尿感、血尿などの排尿異常に適応します。
口の渇きやイライラ感、不安感などをともなうときにも向きます。

 

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

水分代謝に関わる「腎」の働きを助け、血行を良くしてくれる漢方薬です。
冷えて代謝が低下し、体の中に水分を溜め込んでしまう、外に出す力が弱い体質の助けになります。
体力があまりなく、手足が冷えやすい、尿量が少ない、のどが渇くことがある人に向いています。
足腰の冷えや痛み、しびれ、夜間頻尿、多尿、尿量減少、むくみ、かすみ目、皮膚のかゆみなどに用います。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

女性特有の冷えやむくみ、生理痛や生理不順に使用。「水」より「血」の作用が強い。
虚弱体質向けです。

 

以上、むくにに関連する漢方薬はいろいろと存在します。

 

漢方薬と副作用

 

漢方薬は、日本で独自に発展した中国漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品です。

 

漢方薬は天然成分を使っているという点では、サプリメントと同じですが、
昔から薬として用いられる成分を含む薬草を使っている点が異なります。

 

よく西洋薬と違い、漢方薬は副作用がないと思われてしまいますが、
漢方薬も薬なので様々な副作用があります。

 

その点、サプリメントは日ごろから身近にある食品の天然成分が主体なので、
心配される副作用がないのが特長となっています。

 

毎日飲むものであれば、副作用のないむくみ対策サプリメントがおすすめです!

 

天然成分主体の安全・安心なサプリメントはこちら