むくみが発生するメカニズムとむくみの予防法

MENU

むくみが発生するメカニズム

1.なぜむくみは起こるのか?

 

むくみは体のいたるところで起こります。

 

いつものことだと思って、
諦めてはいないでしょうか?

 

むくみは改善することが可能ですので、
正しいメカニズムを知ることが大事です。

 

血管やリンパ管に運ばれるべき水分や老廃物が取り込まれず、
細胞の間に残ってしまうのがむくみの原因です。

 

医学的にはどんなことが起こっているのか、ここで見てみましょう。

 

2.むくみのメカニズムとは

 

むくみは正式には浮腫と書きますが、
細胞と細胞の間の水分が異常に増加した状態のことです。

 

この細胞と細胞の間の水分を細胞間液と言います。

 

本来血液にあるべき水分が血管やリンパ管の外に出てしまい、
細胞間液が増えてしまうのです。

 

人間の体には動脈と静脈という二種類の血管と、
リンパ管が全身をくまなく巡っています。

 

そして心臓から送り出された血液は、
動脈を通して体の隅々まで酸素や栄養を届けています。

 

この血液の中にあり、
養分を送る役割を果たしているのが血しょう成分です。

 

血しょう成分は、
細胞に養分を送るために細胞間液になります。

 

栄養などを届けた後の細胞間液は、
細胞などの老廃物を回収し再び血しょう成分となって
静脈やリンパ管を通して心臓にもどります。

 

ここで静脈の働きが悪くなると、
リンパ液に合流する細胞間液の量が増えていきます。

 

静脈やリンパ液が滞ったりすると、
細胞間液が血管に戻らず細胞と細胞の間に留まってしまい、
むくみとなってしまいます。

 

また、血管の浸透圧も深くかかわってきます。

 

浸透圧のバランスが崩れると、
むくみが生じてしまうのです。

 

この浸透圧のバランスを調整してくれるのがカリウムです。

 

カリウムは塩分(ナトリウム)とくっついて、
体の外に出ていく働きがあります。

 

この働きによって、血管の浸透圧が正常な状態に戻るため、
むくみが解消されるというわけです。

 

病気でない一時的なむくみであれば、
カリウムを含んだサプリメントを飲むことによって、解消することが出来るのです。
 
カリウムが入ったむくみ解消サプリメントはこちら

 

 

3.むくみへの予防策

 

むくみは慢性化しやすいので、
むくみにくい生活をすることが大切です。

 

日常生活で可能なむくみ予防には次のようなものがあります。

 

お風呂は半身浴を心がけ、しっかり汗をかくこと。
余計な水分を排出するためにも、体を温めるのは有効です。

 

就寝前には、水分や塩分を取り過ぎないようにしましょう。
水分をとりすぎると、翌朝顔がむくむことがあります。

 

また、適度な運動は筋肉量を増やし基礎代謝を上げるので、
むくみ対策にもとてもいいです。

 

しかし、仕事などの関係で規則正しい生活をしたくても
できない方もいらっしゃるかと思います。

 

そういう時は、ビタミンやミネラルなどの
サプリメントを利用してもいいでしょう。

 

最近はむくみ専用のサプリメントなどもあるので、
いろいろ探してみてはいかがでしょうか。

 

日常生活を見直してもむくみが改善されない場合は、
内臓などが弱っている可能性があります。

 

これは病気のむくみなので、サプリメントで改善することは出来ません。 

 

近くの病院に行って、お医者さんに相談しましょう。