アルコールが原因のむくみ

MENU

お酒(アルコール)が原因のむくみ

1.お酒(アルコール)によるむくみはとても辛い!

 

飲み会などでお酒(アルコール)を大量に飲むと、翌朝、顔や脚がむくんでいたりしませんか?

 

これはアルコールによって老廃物の排出が遅くなって、水分が細胞と細胞の間にたまってしまうことから起こります。

 

お酒を飲んだ翌日にむくむのは、水分の過剰摂取が原因です。

 

アルコールをたくさん摂取すると、『むくみ』『脱水』『頭痛』のコンビネーションを味わうことになる人も多いようです。

 

では、お酒(アルコール)はどのようにむくみと関係しているのでしょうか。

 

2.お酒(アルコール)によるむくみのメカニズム

 

お酒を飲むことで血中アルコール濃度が上昇し、体温も上がり血管も拡張します。

 

動脈では毛細血管の『血管透過性』が進み血管の壁が水分を通しやすくなります。

 

動脈の血管壁には微小な穴が空き、そこから水分が出ていくことになります。

 

また、血中アルコール濃度を薄めようと体は血管に水分を取り込もうとします。

 

お酒を飲むと体が水分を欲していると感じます。そして水を多量に飲んでしまうのが原因です。

 

水分を過剰に取り込むと血管が拡張し、静脈やリンパ管の処理が間に合わなくなってしまいます。

 

以上、さまざまな条件でむくみが生じることになります。

 

血管内の水分が少なくなると、体は脱水状態だと認識します。

 

そうしてまた多量の水を飲むと、さらにむくみは促進されます。

 

お酒を飲むときは、塩分の多いつまみを食べることが多いと思います。

 

塩辛いつまみを食べると、喉が渇き、お酒も進み・・・というのを繰り返し、結果的に水分の摂りすぎとなります。

 

お酒はむくみ以外にも、塩分やカロリーの摂りすぎにもなり、健康に良くありませんね。

 

3.二日酔いでむくんでしまう

 

お酒の場合はむくみだけでは終わりません。

 

アルコールを過剰に摂取するとトイレが近くなります。

 

これはアルコールが『抗利尿ホルモン』の働きを抑制してしまうためです。

 

体は脱水状態となり、ひどい頭痛にも襲われたりします。

 

これがいわゆる、『二日酔い』という状態です。

 

アルコールによる『抗利尿ホルモン』の抑制でたくさん尿を出してしまうと、
喉がかわき必然として水分をとります。

 

しかし『血管透過性』が進んでいるので、
摂取した水分がどんどん血管の外に出ていってしまいます。

 

また脱水状態になり、同じことを繰り返します。

 

水分をできるだけ補給して、脱水をしないようにしなければなりません。

 

夏場はついつい冷えたビールやしょっぱいおつまみが欲しくなります。

 

これは胃や小腸の機能の違いによるものなのだそうです。

 

胃は普段、水分をほとんど吸収しませんがアルコールと一緒ならば水分も吸収します。

 

小腸は水もアルコールもビールの原料であるポップも吸収します。

 

喉が渇いた時にビールが美味しいのは、ビールは胃でも水分が吸収されるため、
短期間で水分補給できたと感じるためです。

 

時間がたって小腸でも吸収がはじまると、
最初の満足感が薄れます。

 

これが『最初のビールがおいしい』理由となります。

 

しかし、そこにはむくみの脅威が潜んでいるので、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

 

何事もほどほどが一番です。

 

 

4.アルコールによるむくみはカリウムで解消!

 

むくみの根本的な原因は、体内の水分バランスの崩れです。

 

アルコールの過剰摂取によって乱された水分バランスは、カリウムを摂取することで解消できるのはずです。

 

むくみを解消するカリウムサプリメントはこちら

 

お酒の飲みすぎに注意していても、つい仕事の付き合いで飲んでしまうこともありますよね。

 

むくまない体を作るためには、お酒の席を控えるのがよいのですが、仕事のお付き合いのため、お酒の席に参加しなければならないときもありますね。

 

せめて、お酒の席では、カリウムやミネラルを多く含むおつまみを選ぶようにしましょう。

 

普段からサプリメントを飲んで、お酒を飲みすぎても、むくみにくい巡りが良い体を作ることも意識しておきたいですね。