むくみ解消サプリメントで足、腕、顔のむくみをスッキリ解消

MENU

体のパーツ別のむくみ解消方法

はじめに

脚のむくみを中心にむくみ解消方法を説明していきましたが、むくみは、手のひらや、二の腕、さらには、指や、顔もむくんでしまいますよね。

 

特に女性にとって、顔のむくみは、とても悲しいものです。

 

どんなに身体が華奢な方でも、顔がむくんでいたら、それはかわいそうな姿になってしまいます。

 

デートの日に限って、顔が、むくんでいる!!
なんてなったら、デートをドタキャンしたい気持ちにまでなりますよね・・。

 

顔のむくみの解消方法

それでは、顔のむくみの解消方法をご紹介します。

 

顔のむくみも脚のむくみと同様、血液のリンパの流れが、悪くなって起こります。

 

顔のむくみは、主にほっぺたがむくむ方が多いと思います。

 

そのときは、両の手のひらの下の方(少し膨らんでいる部分です。)を使って刺激してやります。

 

やり方は簡単で、両の手のひらの下の膨らんでいる部分をほっぺたの頬骨を中心にぐるぐるぐるとゆっくり左に10回、右に10回回します。

 

そのあとに頬骨をギューッと痛くなるくらいのチカラでギューッと、内側に3秒ほど押し込みます。

 

3秒ほど、プッシュしたら、そのあとは3秒くらい掛けてゆっくりと離します。

 

これをそれぞれ3セットずつ行います。

 

ここからは、私のやっているプラスαな方法ですが、レンジでチンした蒸しタオルを顔の上において、(この時やけどしないように気をつけてくださいね)
上を見上げます。

 

蒸しタオルが冷めてきた頃にもう一度軽くプッシュして、そのあとは冷水で顔を洗います。

 

この時は可能であれば冷水のシャワーを顔に当てるようにするとより一層効果的です。

 

こうすることで、一気に顔中に溜まっていたリンパが流れていくのが実感できます。

 

一度騙されたと思ってやってみてください。

 

最後に余談ですが、リンパが詰まりやすくなり塩分の摂り過ぎになると、水分を吸い取ってむくみを促進させてしまします。

 

できる限り大切な日の前日は塩分を控えるようにするといいですね!

 

ちなみに私も長いことむくみに悩んでいたのですがむくみにくい生活を意識するようになり以前のように足がパンパンで靴が履けないということは無くなりました。

 

私が行った事はまず食事に気を付けることでした。

 

幸い私は料理が趣味でしたので楽しみながら行うことが出来たのです。

 

手軽に減塩出来るように調味料に気を付けたり、自分で取ったダシをベースにして薄味でも満足のいく料理を作るようにしました。

 

市販のダシの多くは塩分を含んでいるので、市販のものを使う際にはしっかりと表示をチェックすることをおすすめします。

 

私は足と指のむくみが特に気になったので、それらをマメにマッサージするようにしたのです。

 

特に指は場所を選ばずにマッサージすることが出来るので、一日に何度も行っていました。

 

そのお陰できつかった指輪が緩くなりました。

 

マッサージは自己流ですが手の関節を組んで動かしたり、指一本一本を根本から指先までマッサージしていました。

 

この時にハンドクリームを塗ってから行うと、よりスムーズに行うことが出来てやりやすかったです。

 

足のマッサージはただふくらはぎを揉むだけでも効果があります。

 

また意外とむくみやすいアキレス腱をよく揉みほぐすようにしました。

 

その結果埋もれていたアキレス腱が復活したのでこれもおすすめです。

 

そして意識的に階段を使ったりして以前よりも歩くようにしました。

 

まとめ

 

どれも簡単な事でしたが、私はこれでだいぶむくみにくい体になることが出来ました。

 

無理なく続けることが大切だと思うので、自分に合った方法を見つけるのがむくみ解消の近道だと思います。

 

また忙しくて自炊やマッサージをする時間がないときは、サプリメントを服用しています。

 

外食は塩分の多いものが多く危険ですが、なるべく和食のものを選んだりして工夫しています。

 

とにかく血行をよくすることを頭に入れて生活することを心がけています。

 

ほとんどのむくみは一過性のものですが、中には病気が原因の事もあるのでこれらの対策をしてもむくみが解消しない場合には病院に行くことをおすすめします。

 

むくみを解消するサプリメントはこちら