むくみ解消サプリメントで足、腕、顔のむくみをスッキリ解消

MENU

むくみの解消には体内水分のコントロールが不可欠

1.むくみは水分のとりすぎが原因?水分コントロールをしよう!

 

『むくみは水の飲みすぎのせい』
という話を聞いたことはありませんか?

 

確かに水分のとりすぎはむくみやすくなりますが、
それだけではありません。

 

むくみは水分のとりすぎだけではなく、代謝が悪くなることによって細胞間の水分が適切に排出されない事で起こります。

 

水分が多くても少なくてもむくみの一因となります。

 

むくみの解消には、水分のコントロールが不可欠と言えそうですね。

 

それでは、正しい水分摂取の方法と代謝の方法をご紹介します。

 

最も簡単な水分コントロール方法は、カリウムを含むサプリメントを飲むことです。

 

サプリを飲めばカリウムが体内の余計な水分を体の外に排出してくれるため、体全体がスッキリと感じられるようになります。

 

むくみ解消サプリメントを飲んで水分コントロールをする!

 

2.むくみにならない水分の正しい飲み方

 

むくみのことを考えると、1日の水分摂取量は1リットル程度がいいのではないでしょうか。

 

一般に言われている1日2リットルは、少し多いように感じます。

 

1日に400ccほど尿は排出されますから、最低でもそれ以上とらないと体が水不足に陥ります。

 

400ccは、小さい牛乳パック1個分に相当します。

 

抗利尿ホルモンは体の水不足を感知すると体内の水分を逃がさないように出されるのですが、このホルモンは一度出されてしまうと半日以上働き続けます。

 

長い時には2日間も働き続けるそうですので、水不足を感じてからあわてて水分を補給してもむくみはなかなか消えません。

 

水分を補給するコツは、喉が渇いたと感じた時に少しずつが良いでしょう。

 

喉が渇いた時点で、体が水分を欲しがっているサインです。

 

日中に水分を多目にとり、夜は少なめに飲むといいと思います。

 

また、あまり冷たいものではなくできるだけ温かい飲み物を心がけましょう。

 

 

3.むくみ解消のために水分の代謝を調整しよう

 

まずむくみを根本的に解消するには、水分の代謝能力を調整しなければなりません。

 

余分な水分がきちんと体外に排出されるようになれば、むくみ予防にもなります。

 

代謝を促進するには、ぬるめの温度での半身浴がいいでしょう。

 

半身浴をすることで血行を良くし、体の冷えや代謝などが改善されます。

 

夏でもクーラーで体が冷えている場合もあるので、できるだけ湯船につかるようにしましょう。

 

また、代謝を促す食品をとるのも有効な方法です。

 

ビタミンB1が多く含まれる食品をとることで代謝を助けてやることにより、基礎の体質を改善します。

 

ビタミンB1は豆類、穀類、肉類などに多く含まれています。

 

豚肉や大豆、かぼちゃなどは手に入りやすい食品だと思います。

 

特に小豆は利尿作用のあるサポニンが多く含まれており、水分を排出してくれるのでおすすめです。

 

他にはマッサージや適度な運動もいいですね。

 

取り入れる水分をコントロールすることで、むくみにくい体質を手に入れましょう。

 

むくみ解消サプリメントで余分な水分を出してスッキリする!