むくみ解消サプリメントで足、腕、顔のむくみをスッキリ解消

MENU

塩分のとりすぎが原因のむくみ

1.塩分のとりすぎはむくみの原因に!

 

むくみはからだの内側から起こっています。

 

すなわち体の中にいれる食べ物によってむくみを引き起こしているんです。

 

普段食べている食べ物を改善すれば、今むくみに悩んでいる人にとっては吉報となると思います。

 

むくみの原因のうち、一番の原因は塩分のとりすぎです。

 

塩分とは、一般的に塩化ナトリウムのことです。

 

塩分をたくさんとると血圧が高くなる、というのはご存じの方も多いと思います。

 

私たちは健康な人ならば一日10グラム以下の塩分が指針とされています。

 

高血圧や心臓病などの病気を抱えている人たちにとっては、その摂取量はより厳しく設定されて半分くらいになります。

 

けれど私たち日本人は世界的にみても、塩分を摂取する量は大変多いといわれています。

 

梅干しやおつけものなどの古典的な日本料理は腐りにくくするためにもたくさんの塩で味付けされています。

 

それから加工食品などスナック菓子やお弁当などを口にすることも増えている忙しい現代人にとって、塩分は意外にも取っています。

 

日本では男性で9.0g未満、
女性で7.5g未満が理想的な目標摂取量ですが、
日本人の場合は食文化の関係もあり一日10g以上摂取してしまう人がいるようです。

 

カレーやラーメン、お漬物や脂っこい食べ物などが好物という方は塩分摂りすぎの恐れがあります。

 

例えば、塩分を摂りすぎる人の傾向として、「食事が用意されたときに、いきなり醤油やソースをかける」人が多いと思います。

 

つまり、「お新香には醤油でしょ」という公式が出来上がっており、自動的にそのようにしているのです。

 

しかし、本当はそのお新香の味を把握してから、どれくらいお醤油をかけるか、またはお醤油が必要なのかという判断があって然るべきです。

 

いきなりかけずに、一口だけ味を見てみて、「意外にしょっぱいな」と思ったら、いつもより少なくかけるなどというコントロールをするクセを付けたいものです。

 

また、お食事に、醤油やソースを「かける」というのも摂りすぎにつながります。

 

一旦かけてしまったものは口に入れなければならないからです。

 

そうではなく、小皿に醤油をとって、食べ物をそれにつけるという方がコントロールしやすくなります。

 

一回一回考えながらちょっと付けるようにします。

 

このような食べるときの習慣をちょっと変えるだけでも、随分違うと思います。

 

さらに、今まで醤油をつかっていたものをポン酢に変えてみるとか、塩の使用量を減らして七味唐辛子を加えてみるとか、味の濃さを抑えても、味の方向性を変えることで嗜好を満足させるというやり方も塩分を抑制するのには効果的です。

 

塩分の取り過ぎは、腎臓や心臓にも負担がかかります。
(腎臓の機能低下によってもむくみは引き起こされます。)

 

もし、腎臓病になってしまえば5g以下の薄い塩分量の食事しか出来なくなりますから
むくみの予防と共に今のうちから塩分控えめの生活を送ると良いでしょう。

 

では、むくみと塩分の関係について見て行きましょう。

 

塩分の多い食品は、むくみとどのように関係しているのでしょうか。

 

ここでは塩分とむくみについていろいろお話します。

 

2.塩分のとりすぎによるむくみのメカニズム

 

塩分の多い食べ物をたべると喉が渇きます。

 

これは自然なことで、塩分(塩化ナトリウム)を摂取することで増えてしまった
ナトリウムの濃度を下げるために体が水分を欲しているのです。

 

摂取した塩分は、ナトリウムになって体内のさまざまな場所に運ばれますが、
この時のナトリウムの運び役となるのがカリウムです。

 

カリウムが不足しているとかわりに水分を取り込んでしまい、塩分濃度を下げようとします。

 

そこで水分を欲して喉が渇くというメカニズムとなります。

 

ナトリウムは水分を多く取り込む性質があるので、
過剰な塩分や水分を摂取すると血液の量が増えて血管を押し広げます。

 

血管を広げて血圧が上がると、
浸透圧の関係で毛細血管から細胞へ水分が流れだしむくみが生じます。

 

 

3.塩分のとりすぎによるむくみへの対策はカリウムが一番

 

むくみへの対策は塩分をとりすぎない食生活が大事ですが、なかなか難しい場合もあると思います。

 

ナトリウムはカリウムとともに体の水分バランスの調整や、神経の伝達、筋肉の機能のために働く大切なミネラルです。

 

しかし、ナトリウムの場合はいろいろな食品に含まれるためとり過ぎが不安視されています。

 

ナトリウムの運び役であるカリウムを補ってやれば、血液に含まれるナトリウムを尿と一緒に排出してくれます。

 

したがって、カリウムを含んだサプリメントを飲むことで、いち早くむくみを解消することができるのです!

 

むくみを解消するカリウムサプリメントはこちら

 

また、即効性はありませんが、食べ物に注意する必要もあるでしょう。

 

カリウムを多く含む食品にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

調べてみるとけっこう種類が多く、特に豆類、野菜、果物に多く含まれています。

 

豆類や野菜の代表としては、さつまいも、ひじき、ほうれん草でしょうか。
枝豆や納豆にも多く含まれています。

 

果物だとアボカド、干し柿、くり、キウイフルーツ、バナナなどです。
ウリ科のメロンやすいかにも多く含まれていますね。

 

塩分をコントロールできる手料理を作る時間がない人にとっては、そのカリウムが含有されているサラダなどを食べる機会に恵まれることは少ないかもしれません。

 

そこで気軽に時短でカリウムを取れる方法が野菜ジュースになります。

 

成分表をみてもカリウムが多く入っていることはわかりますし、むくみの原因のひとつである塩分を体に蓄積させないためにも、外食がほとんどだという人には野菜ジュースが改善につながるのではないでしょうか。

 

4.まとめ

 

むくみの原因の一つとして、塩分の摂りすぎが挙げられます。

 

むくんでしまったらどのように解消すれば良いのでしょうか。

 

むくみとは体内のナトリウムと水分が過剰な状態なので、それを外に出すことが出来ればむくみは解消します。

 

それを簡単に行えるのはむくみ解消効果のあるサプリメントです。

 

近年様々なむくみサプリが販売されており、服用することにより気になる足や顔のむくみがスッキリとする効果があります。

 

見た目だけでなくむくんで重かった足が軽くなったりするのです。

 

早い人ですと1週間ほどで効果を感じる方もいるので、むくみやすいという方は一度試してみるといいと思います。

 

また食生活や生活習慣を見直すことも大切です。食生活は塩分の少ない和食を中心に食べるといいでしょう。

 

塩分を取りすぎると、構成成分のナトリウムによって水分が取り込まれ、むくみの原因となります。

 

塩分を過剰に摂取した場合、ナトリウムを多く含む豆類、野菜、果物などを摂取し、ナトリウムの排出を促しましょう。

 

ナトリウムを多く含むサプリメントを用いることもおすすめです。