むくみ解消サプリメントで足、腕、顔のむくみをスッキリ解消

MENU

塩分の多い食べ物と甘いものはむくみの大敵

塩分をカリウムで排出して、むくみを解消しよう

 

塩分を摂り過ぎると、体が余計な水分を吸収し、
皮膚の下に水が溜まってしまいます。

 

塩分を体の外に出すのは、難しいと思われますが、
実はカリウムを摂取すれば体から塩分を出すことが出来ます。

 

カリウムが入ったむくみ解消サプリメントはこちら

 

塩分はついつい取り過ぎてしまいます。

 

ついついラーメンの汁を飲んでしまうとか、
とんかつにソースをかけてしまったり私たちの食生活にはむくみの大敵である、
塩分たっぷりの食事メニューが待ち構えています。

 

 

ではどうすれば塩分を上手く減らす事ができるのでしょう?

 

それは調理方法に隠されています。

 

「むくんだ旦那を見るのが嫌だ!」
「むくみを解消して女子会に楽しく参加したい」

 

そんな主婦必見です。

 

いつもストックケースに酢を準備していると思いますが
酢は酢のものだけではなくぜひ色んなものに活用してください。

 

「酢」を入れる事ですこし控えめの塩分でも
いつもと変わらない塩分濃度に感じる事が出来るのです。

 

なので、スープ(野菜スープ、かき玉汁など)に
お玉3分の1ほどの酢を入れるだけでお醤油も塩の量も控えめにして大丈夫!

 

あとは「出汁」・「素材のうま味」をしっかりつかうことも減塩への近道です。

 

かつお節(イノシン酸)や昆布(グルタミン酸)のうまみを感じることで味がぼやけないので、
塩分の含んだ調味料を少なめにしてもおいしくなります。

 

だしをたっぷりつかい、
カリウムを含んだホウレン草のおひたし何かにするとむくみ解消の一品になりますね。

 

また、煮物などを作る時も人間の舌は表面で塩分を十分に感じ取ることが出来ますから、表面だけサッと味を含ませて、中までしみ込ませない調理方法も減塩効果になりますよ!

 

ぜひお試しください。

 

 

 

甘いものもむくみの大敵!!

 

塩分の多い食べ物だけを控えればいいと思っていませんか?
実は甘いものもむくみの大敵なのです。

 

生理前や排卵日になると
甘いお菓子を買いにコンビニに駆け込むあなた!

 

これは血糖値が不安定だったり、
自律神経が不安定になっていると自然と甘いものを食べたくなってしまうのです。

 

だからといってむやみに甘いものをたくさん食べる事は余計血糖値ともに
自律神経の働きを悪くしてしまうので甘いものは控えるようにして下さい。

 

これは代謝の流れから体内で水分を作ってしまい、
結果むくんだ体になってしまうのです。

 

どうしても食べたい時はケーキを全部食べてしまうよりも
「ちょこっと食い」に変えるといいでしょう。

 

例えば飴玉1個とか、
チョコレート1粒など少し口にいれてあげるだけでもずいぶん落ち着くからです。

 

これはあまいものに限らず普段の食事の仕方にも関係します。

 

いつも生理前に食べすぎてしまい後悔している人は
色々なものを事前に作っておきちょっとずつつまむと意外とお腹いっぱいになります。

 

ビュッフェに行くと意外とすぐ満腹になることありませんか?

 

これは脳が「あれもこれも早くたべなきゃ!」と思うほどもう食べた気分になってしまい
満腹中枢が満たされるからです。

 

  食べすぎ=塩分の摂りすぎでむくみの原因を引き起こしますから
甘いものに限らず、塩気のある食べ物全般の食べすぎは控えましょう。

 

噛むことで空腹が紛れますから、ガムをかむこともおススメです。

 

 

 

食べ過ぎもむくみの原因

 

言うまでもなく、食べ過ぎはむくみの原因になります。
余分な塩分、糖分、水分、あらゆるファクターがむくみを招きます。

 

食べ過ぎは絶対に避けましょう。

 

もしも食べ過ぎてしまった、とりあえず今すぐむくみを取りたいのであれば、
カリウムが入ったむくみ解消サプリメントを飲むのが即効性があって効果的です。

 

体内の水分、塩分のバランスを整えてくれるので、
数日飲み続ければ効果が実感できます。

 

サプリがあればきつい運動もしなくていいので手軽ですね。

 



 

カリウムが入ったむくみ解消サプリメントはこちら