むくみ解消サプリメントで脚、腕、顔のむくみをスッキリ解消

MENU

梅雨時期のむくみと解消法

梅雨時期のむくみの原因

 

湿度が高く、ジメジメした天気の日が多くなるこの時期、体がだるくて重いと感じることはありませんか。

 

  • 手足のだるさが抜けない
  • とにかく眠い
  • 脚の関節が痛い
  • なんとなく体全体が重い

 

梅雨時は空気中の湿度が高いため、普段なら自然と肌から蒸発している水分がなかなか体内から出ていってくれません。

 

「病気でもないのに体調がよくない」と感じる「むくみ」は、梅雨に起こりやすい症状です。

 

梅雨時期の重だるさの原因は、湿度が高くなることによって、皮膚表面から汗が蒸発しにくくなり、水分が排出されずに体内に留まってしまうことが原因として考えられてます。

 

さらに、体内に溜まった水分が体よりも圧力が低い空気中に向かおうとすることで、皮膚の直下に水分が溜まりやすくなります。

 

こうして皮膚の下がふくらみ、むくみが生じるのです。

 

また、雨から夏にかけての雨季は「自律神経が乱れやすい季節」とも言われていて、一年の中でも特に気圧が不安定な時期で、気圧の関係もあり血行がが悪くなり体の水分が排出されにくくなります。

 

季節柄、血行が悪くなり体に水分が溜まりがちです。これが「梅雨時期のむくみ」の原因です。

 

梅雨の時期は、短い間に気圧が変化するので、自立神経の働きが乱れ、血流が悪化します。

 

血の巡りが悪くなることで細胞に溜まった余分な水分が排出されず、水分を体内に溜め込んだ状態となります。

 

このようにして、「むくみ」が生じやすくなります。

 

梅雨時のむくみの解消法

 

梅雨のむくみを解消するにはどのような方法があるのでしょうか。

 

すぐに実践できる方法をいくつかご紹介します。

 

部屋の湿度を下げる

 

除湿機やエアコンなどを使って湿度を下げ、体に水分を溜め込まない周辺環境を作りましょう。
理想的な湿度は50〜60%です。
湿度が下がることで汗の排出がスムーズになり、むくみ解消が期待できます。

 

むくんだ部分を温めて血行を改善

むくみ解消には、体を温めることも大切です。
蒸しタオルを使って、むくんだ部分を直接温めてください。
血の巡りが良くなり、老廃物が効率よく排出されることで、むくみが解消されます。

 

適度な運動を心がけることが大切

適度な運動をすることは、むくみ解消には欠かせません。
ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどの軽い運動を毎日の習慣にしましょう。
運動をすることで代謝が良くなり、体がむくみにくくなります。

 

「カリウム」を摂取する

水分を溜め込まないためにも、ナトリウムの排出をうながしてくれる「カリウム」を多く含む食材を摂取するのもオススメです。
カリウムを多く含む食品はいくつかありますが、食品だけでは必要なカリウムを摂取しきれません。
そんなときは、カリウムを多く含むサプリメントを摂取することがお勧めです。

 

むくみを解消するサプリメントはこちら